COMPANY

【ホライゾン社について】
2003年、世界中からエントレプレナー、科学者、エンジニアらが集まってチームを編成し、商業的に実現可能な、クリーンな水素燃料電池を開発するという大きな夢を実現させようと立ち上がりました。この新しく国際的なチームは、シンガポールにHorizon Fuel Cell Technologiesを設立し、開発・生産の基地を上海に設けています。

世界中の一流の科学者が揃った弊社は、全員が一丸となって、この地球に住む人類を守るため、炭素ベースの燃料に依存している現状を打破すべく、再生可能で環境にやさしい資源から作り出されるクリーンで低コストのエネルギーの開発を追い求めています。

販売市場の黎明期に、燃料電池技術を利用した教育用玩具が世界規模でヒットさせた弊社は、現在ではPEM燃料電池、電気分解器、メターノール燃料電池、自動車用・航空機用燃電池等、燃料電池にかけては世界でも有数の開発元として知られるようになっています。

【Horizonが目指している物】
2005年後半より実施して来たコスト削減および基礎技術の革新を元に、商品開発を現在まで活発に行ってまいりました。

その結果:
・次世代の担う子供達の育成に寄与する教育用燃料電池玩具の充実。
・緊急時のバックアップシステムに最適なメターノール燃料電池の開発と販売。
・これからの物流や観測を変えるドローン用燃料電池の開発。
・近未来の環境に優しい水素自動車用の水冷大型燃料電池の開発と販売。
・各種のアプリケーションに採用容易な安価で高性能の商業用燃料電池の充実。
等が実現できました。

これらを通じて、環境に優しいエネルギー革命の一翼を担い、青くて美しい地球を後世に残したいと願っています。

TECHNOLOGY

ホライゾン社が有する卓越した課題解決能力
ホライゾン社は水素製造・水素保存・超小型から工業レベルの大型MEA燃料電池開発・燃料電池システムの用途開発・エネルギ電子工学及び燃料電池マスプロダクションに於いて世界有数の会社と言えます。

無人飛行機用の燃料電池システムに代表される数々の高性能電気機器用アプリケーション・産業機器用バックアップ燃料電池システム・信頼性の高い水冷の車両用燃料電池等の開発を通じ幾つかのコア技術を習得してまいりました。

それらの過程でホライゾン社は幾多の課題を同時に解決する必要に迫られました。これらの課題はコストの低減ばかりでなく水素の供給にまで及び、且つ燃料電池の信頼性に大きく影響を与える長時間連続運転や長時間放置後の起動能力の確認にまで及び、それらは現在全ての製品に生かされており製品ラインアップの多様さと合わせ、他社製品との違いを際立たせています。

LOCATION

■ホライゾン フュエルセル ジャパン / 日本支社
HORIZON FUELCELL JAPAN 株式会社 ホライゾン・フュエルセル・ジャパン
代表取締役 高橋 仁(営業担当)
代表取締役 中島 宏(技術担当)
〒437-1121 静岡県袋井市諸井2077-11
TEL: 0538-23-1266
FAX: 0538-23-1268
E-メール:info@horizonfuelcell.co.jp
日本国内での商品やお取引に関しましては、お気軽に上記TEL又はE-メールへご連絡ください。

■本社: HORIZON FUEL CELL TECHNOLOGIES Pte. Ltd.
51, Science Park Road
#04-23, The Aries,
Singapore Science Park II
Singapore 117586
Tel: (65) 6872 9588
Fax: (65) 6873 5725

■工場: HORIZON FUEL CELL TECHNOLOGIES (Shanghai)
Block 19, No.2 Suide Rd.
200331, Shanghai, P.R. China
Tel: (+86) 21 5270 9082
Fax: (+86) 21 5270 5064

CONTACT

Facebook IconYouTube Icon