TRANSPORT

ホライゾン社の燃料電池は世界初の購入可能なレベルの燃料電池カーの実現を可能にしました!

小型で簡単な商業用燃料電池製品の開発と販売を通じてホライゾン社の技術は、社会が望む経済的な高性能ゼロエミッションカ−の実現を可能にするまでに成長し、遂に世界初の低コストで実用的な燃料電池車を実現させました。
2009年6月16日遂にベールを脱ぎ英国のロンドンで発表されたプロジェクトは1USガロンで250マイルの走行に匹敵する高性能な2人乗り水素燃料電池車で、同じく高性能なハイブリッドカーの4・5倍の燃料効率を誇るものです。そして何よりもこの車の素晴らしい点は月に$315の負担で一般の人々の所有を可能にした事です。

Riversimple 社によって開発された小型シティーカ−はホライゾン社の6Kw燃料電池を搭載しています。車はエネルギー効率を上げるため、軽量の複合素材使い、重い構造部品を極力排し、ウルトラキャパシターや採用している60%のエネルギー回収率を誇る回生ブレーキシステムを燃料電池とネットワーク化し効率を高めています。 結果1kgの重さの水素で390Kmもの走行を可能としています。

関連製品の購入はオンラインショップ、製品に関するお問い合わせは、CONTACTまで。

VL-30 Fuel Cell

[車載用水冷30Kw燃料電池]
– ハイレベルかつシンプルな構成によって高い燃料効率を実現
– 柔軟なシステム構成が可能なため、バス・トラック・乗用車等に容易に搭載可能
– 30Kwの発電機としても利用可能

VL-30 SPECIFICATIONS

DOWNLOAD

AUTOPAK Automotive fuel cell System

AUTOPAK SPECIFICATIONS

DOWNLOAD

H-1000XP / H-500XP PEM FUEL CELL 1000W​ / 500W

[燃料効率59%の達成に向けて・・・!]
ホライゾン社のXPシリーズ燃料電池システムは世界で最も高い効率を実現しています。
SHELLマラソンのような効率を競うレースには理想の燃料電池システムです。
車体への取り付けも半日程度で可能で、望めば今でも改良に邁進中の全チャンピオンのサポートとアドバイスが受けられます。
また、各レギュレーションへの対応も行っています。

– 大幅な水素消費の低減
– プラグ&プレイ、搭載が容易
– 新材質で低重量・小型化
– 2012年度Eco-marathonルール適合

世界の自動車産業を変革しそうな画期的な開発

この小型シティーカーには、回生ブレーキ・ハブ内臓モ−ター・燃料電池を含む5つの新技術が採用されています。従来の車メーカーと異なり収入を販売よりもリースする事から得ようとしています。
■会社のスタンスが異なります: 全てのステークホルダーはパートナーとして平等で単なる創業者や投資家の関係ではありません。
■思想が異なります: デザインはweb上で公開され誰でもがオープンソースのライセンスに基づき協力的に手を加え車を製作する事が可能です。
■製造方法も異なります: 多くの人々が独自製作が可能ですのでRiversimple 社はその内の一社に過ぎなくなります。
燃料電池は化学的エネルギーである水素を、水だけを唯一の排出物として燃焼を伴わずに電気エネルギーに変換します。バッテリーと異なり、燃料電池はエネルギー貯蔵といわゆる燃焼の構造を分けて持っています。 今まで開発されてきた燃料電池車の様に、もし燃料電池を動力の主体にすると大きなサイズの物が要求され、車は大変高価な物になってしまいます。 しかし基本の構造を変え燃料密度の高い燃料電池とウルトラキャパシターを組み合わせると飛躍的に車の性能を高めコストを削減する事が可能になります。 この車の ウルトラキャパシターは回生ブレーキによって充電され加速時のパワーとなります。 巡航中に必要な加速や定速の維持には大きな力を必要としないのでそれを燃料電池がまかなうシステムになっています。

Riversimple社は燃料電池の良い部分(ローコスト長時間運転)とバッテリーの強み(瞬発力)を合体させそれぞれが持つ潜在能力を超えるものを作りだしました。 この次世代型ハイブリッド水素電気自動車は充電に要する時間やその価格が電気自動車の普及を妨げていた事実を全く過去の物にしてしまいました。

この Riversimple 水素電気自動車の製造ノウハウはweb上で無償公開される予定なので世界中の企業家によって製造・販売されることが期待され、車が使用される地域の仕事の増加をももたらします。 なぜならこの車は地域ごとに製造されメンテナンスされるからです。 また一昔前の集中的自動車製造によって発生したCO2や配送によって排出されるCO2の量も飛躍的に削減されます。

燃料電池及び水素の供給
水素使用料の少ない小型燃料電池の採用で、車は大型の水素タンクを必要とせずコストと水素の供給に関する複雑さを大幅に減少させる事が出来ました。英国BOC社との水素の価格を下げ、再生を可能にしてどこでも供給可能にする為の共同作業によって、20年から30年は掛るだろうと思われていた水素に関係する事柄が 現存の工業用水素供給設備で可能となりました。

ホライゾン社は4年前に小型でシンプルな燃料電池からエネルギー貯蔵ソリューションとしての大型燃料電池システム迄の販売を開始し、その後業界における努力を続け一般消費者や工業用あるいは運送業界に向けて他の追随を許さないラインナップを提供してまいりました。

携帯電話の中継基地を始め数々の用途に採用されているホライゾン社の新Kwクラス燃料電池システムは、バッテリーに比べて明らかに大容量の電気エネルギーを貯蔵可能です。

共同開発に関してあるいは、ホライゾン社の自動車用やバックアップ用の大型燃料電池システムに関してのご相談は、info@horizonfuelcell.co.jpにてお待ちしています。